シャコガイ母貝の成熟制御技術開発

シャコガイ母貝の成熟制御技術開発

県名沖縄県
研究機関名沖縄県水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H16〜18
年度2004
概要 シャコガイ類(ヒメジャコ、ヒレジャコ、ヒレナシジャコ)の産卵期はいずれも春から夏に限られており、種苗生産時期が重なるため、生産数が頭打ちになっている。母貝を任意の時期に成熟させることができれば、計画的な生産を実行でき、生産数を増大させて養殖業者の要望に応えることができる。 今年度はヒレナシジャコ及びヒレジャコの生殖周期と生殖巣の発達を調べるとともに、加温によって生殖巣の発達させることを試みる。
研究分担八重山支場
戦略水産
予算区分県単
専門水産増養殖
部門海洋
業績(1)シャコガイ生産事業
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030115277
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat