小豆の病害複合抵抗性品種の開発強化

小豆の病害複合抵抗性品種の開発強化

県名北海道
研究機関名北海道立中央農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H14〜18
年度2005
研究対象小豆
概要目的:小豆の重要土壌病害である落葉病抵抗性(レース1)に対するDNAマーカーを開発する。 計画:1.DNAマーカーの開発 自殖集団のホモとヘテロを識別できるマーカーを開発。 2.連鎖地図の作成:抵抗性品種と感受性品種を交配させ、得られたF2集団から組み換え個体を選抜し、解析した。 得られた成果:1.1マーカーについて共優性マーカーを設計し、ホモとヘテロを区別できた。 2.5つのマーカーのうち4つは抵抗性遺伝子近傍で強連鎖していた。残された問題点:解析集団をさらに拡大し、抵抗性遺伝子近傍の連鎖地図を作成する。F2世代のSSRマーカー解析を行い、座乗染色体を決定する。
研究分担農産・遺伝子工学
予算区分道単
専門育種
部門その他作物
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030115324
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat