緑肥を導入した畑輪作による線虫被害低減効果の実証

緑肥を導入した畑輪作による線虫被害低減効果の実証

県名北海道
研究機関名北海道立中央農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H17〜19
年度2005
研究対象大豆
概要目的:大豆線虫の対抗作物赤クローバや抵抗性大豆品種による被害低減効果を実証し、環境と調和した大豆栽培法を確立する。 計画:地域における赤クローバー栽培法試験、センチュウ密度の追跡調査、線虫レース分布調査を行う。 得られた成果:赤クローバーの播種期は小麦起生期が望ましかった。線虫レース分布の知見に基づき抵抗性品種導入を検討した。 成果の受け渡し先:羊蹄山麓地域の環境と調和した農業をめざす地域。 
研究分担普及・技術体系化チーム
予算区分道単
専門虫害
部門大豆
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030115403
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat