小豆ポリフェノール含量の非破壊測定技術の確立

小豆ポリフェノール含量の非破壊測定技術の確立

県名北海道
研究機関名北海道立中央農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H17〜18
年度2005
研究対象小豆
概要目的:フーリエ変換型近赤外分析計を用いた小豆ポリフェノール含量の非破壊測定法について検討する。計画:(i)光センサーによるスペクトルデータの測定 (ii)小豆ポリフェノール含量に関する検量線の作成成果:(i)既往の成果(平成15年度農業試験会議、指導参考事項)においてインフラライザー500型を用いて作成された検量線を、今回用いた装置(NIRLab N-200型)に移設したところ、予測標準誤差(SEP)は44.4mg/100gであり既存の検量線とほぼ同等の推定精度であった。(ii)栽培年次の異なる試料のスペクトルデータをNIRLab N-200型で取得し、移設した検量線の適合性について検討したところ、SEPは73.5mg/100gであり推定精度は低かった。(iii)NIRLab N-200型で取得したスペクトルデータを用いて検量線を作成し直したところ、SEPが22.6mg/100gと精度の高い検量線が得られた。
研究分担農産・農産品質
予算区分共同(民間)
専門食品加工流通
部門その他作物
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030115426
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat