ながいもの非破壊品質評価・選別システムの開発

ながいもの非破壊品質評価・選別システムの開発

県名北海道
研究機関名北海道立中央農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H16〜17
年度2005
研究対象ながいも
概要目的:光センサー技術を用いたながいも品質の非破壊評価の可能性及び各種変動要因が非破壊評価に及ぼす影響を検討し、その適用範囲を明らかにする。計画:(i)ながいも品質に関する検量線の作成 (ii)各種変動要因が光センサーによる測定に及ぼす影響成果:(i)作成した検量線は、乾物率、ねばりいずれも目標とする予測標準誤差(SEP)の値以下であり、重量規格の影響を受けることなく精度良く推定が可能であった。(ii)Mサイズから2Lサイズの試料では、表面の状態(泥付き、水濡れ)が光センサーによる測定に及ぼす影響は小さいと判断された。(iii)栽培年次、収穫時期等の変動要因が光センサーによる乾物率の測定に及ぼす影響は小さいと判断された。一方、ねばりに関しても作成した検量線は概ね適用可能と判断されたが、推定精度が劣る産地もあった。本成績は平成17年度北海道農業試験会議(成績会議)において「光センサーによるながいもの品質(乾物率・ねばり)測定技術」として普及推進事項となった。
研究分担農産・農産品質
予算区分共同(民間)
専門食品加工流通
部門野菜
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030115429
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat