銅・亜鉛入り「菱マンガン粒状T−21号」の特性調査

銅・亜鉛入り「菱マンガン粒状T−21号」の特性調査

県名北海道
研究機関名北海道立十勝農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H17〜18
年度2005
概要a.試験目的:圃場条件における秋まき小麦に対する微量要素資材(銅・亜鉛入り「菱マンガン粒状T−21号」)の施用効果について、銅を主体に確認するとともに、本資材から供給される銅の土壌中における挙動について検討する。b.試験方法(a) 施用効果確認試験(圃場試験) (i)供試作物:秋まき小麦「ホクシン」 (ii)供試土壌:淡色黒ボク土、多湿黒ボク土 (iii)処理区:対照区(Cuなし)、T-21施用区、硫酸銅区 (iv)調査項目:生育・収量・品質、Cu含有率(b)各種土壌における銅の挙動解析試験(ポット試験) (i)供試土壌:銅欠乏土壌(現地圃場から採取) (ii)供試資材:T-21、硫酸銅
研究分担栽培環境科
予算区分受託(民間)
専門土壌肥料
部門共通
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030115624
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat