赤かび病抵抗性検定

赤かび病抵抗性検定

県名北海道
研究機関名北海道立北見農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H16〜18
年度2005
研究対象小麦
概要試験目的:小麦品種・系統に対する赤かび病抵抗性を検定し、個体・系統選抜を行い、抵抗性品種育成に資する。成績の概要:○ビニールハウスでのMicrodochium nivale による検定:各品種・系統の発病指数は0.13〜3.25であった。抵抗性は、同時に接種した指標品種(「タクネコムギ」、「ホクシン」または「チホクコムギ」、いずれも感染が確認された)の発病と比較して評価した。○平成14年から16年までの3年間の検定で、やや強と判定された「北見81号」および平成15年と16年の検定でやや強と判定された「北系1784」の発病指数は本年も低かった。
研究分担作物研究部病虫科
予算区分受託(民間)
専門病害
部門
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030115799
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat