大ヨークシャー系統豚(ハマナスW2)を用いた交雑豚の組合せ能力

大ヨークシャー系統豚(ハマナスW2)を用いた交雑豚の組合せ能力

県名北海道
研究機関名北海道立畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H16〜18
年度2005
研究対象
概要 大ヨークシャー系統豚(ハマナスW2)を用いたF1交雑雌豚の繁殖能力および三元交雑豚の産肉能力を評価する。
方 法:(i)F1母豚の繁殖性F1雌豚(ハマナスW2系統造成途中豚×「ゼンノーL-01」)の繁殖成績を調査する。調査項目:初発情発現日齢、受胎率、産子成績、子豚育成率等(ii)三元交雑肉豚の産肉性三元交雑豚(ハマナスW2系統造成途中豚×「ゼンノーL-01」×「ゼンノーD-01」)の肥育成績を調査する。調査項目:飼料摂取量、増体重、枝肉形質等成績の概要:(i)「ハマナスW2」の造成途中豚(第3世代、♀)とゼンノーL-01(♂)との交雑によるF1雌豚の初産繁殖成績は、総産子数が10.5頭(畜試)および11.7頭(滝川試験地)、離乳頭数が9.0頭(畜試)および9.3頭(滝川試験地)であった。(ii)F1雌豚にゼンノーD-01を交配した三元雑種肉豚の肥育期間の日増体重は去勢雄、雌ともに1,000g以上、飼料要求率は2.6〜2.9の範囲にあって、試験実施場所で大きな違いは見られなかった。枝肉形質では、去勢雄の方が厚脂の傾向にあった。
研究分担家畜生産部養豚科
予算区分受託(民間)
部門
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030115843
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat