デリバリー技術を利用した牛乳房炎起因細菌に対する次世代ワクチンの開発

デリバリー技術を利用した牛乳房炎起因細菌に対する次世代ワクチンの開発

県名北海道
研究機関名北海道立畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H13〜17
年度2005
研究対象乳用牛
概要 乳房炎起因細菌である黄色ブドウ球菌(SA)のワクチンの開発を行う。本年度は牛にきょう膜を免疫して、乳中抗体価と感染防御効果を調べた。方 法:ホルスタイン種去勢牛にFisherらの方法で精製した8型きょう膜(RCP8)を免疫し、血清中の抗体価をELISA法で調べた。ホルスタイン種搾乳牛にRCP8を免疫し、血清および乳中の抗体価を調べた。その後SAの調製菌液を注入し、感染抑制効果を調べた。成績の概要:去勢牛への免疫試験では、RCP8の免疫によってIgG1抗体価は上昇したが、IgG2はほとんど上昇しなかった。RCP8と変異毒素を混合した場合は、RCP8単独に比べて抗体価の上昇が低いものの、一定の抗体価(IgG1)の上昇があった。搾乳牛への免疫では、免疫を行った3頭の全てで血清中のIgG1抗体価が上昇し、うち2頭でIgG2が一部上昇した。乳中抗体価はIgG1は上昇したが、IgG2は全く上昇しなかった。感染後の乳中菌数は全体に低く104/ml以下で推移したが、対照牛と比較して乳中の菌数や体細胞数(PLテスト)の低下は認められず、きょう膜の免疫による感染抑制効果や炎症の低減効果は認められなかった。
研究分担基盤研究部感染予防科
予算区分受託(農水省)
専門家畜衛生
部門
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030115861
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat