2.森林の公益的機能の定量化による機能向上技術の開発(2)国土保全機能の向上を図る森林管理技術の開発 (i) 森林生態系を重視した公共事業導入手法調査

2.森林の公益的機能の定量化による機能向上技術の開発(2)国土保全機能の向上を図る森林管理技術の開発 (i) 森林生態系を重視した公共事業導入手法調査

県名北海道
研究機関名北海道立林業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H8〜17
年度2005
概要近年の森林生態系を重視した森林経営への関心の高まりを背景として,体系的なデータと科学的知見に基づき,北海道における持続可能な森林経営の道筋,生態系に配慮した森林施業のあり方を提示するため,モデル森林を設定し,天然林の成長モニタリング,森林資源の質的予測手法の確立,森林の水資源に及ぼす機能評価,魚類生息調,鳥類生息調査,下層植生多様性調査,森林利活用調査,衛星データによる森林資源の面的把握,GISを活用した森林管理手法の開発,環境に配慮した林道作設方法,昆虫生息調,森林の斜面崩壊防止機能調査を実施している。
研究分担資源解析科他
予算区分受託 (国・林野庁)
部門経営・管理
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030115973
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat