2.森林の公益的機能の定量化による機能向上技術の開発(2)国土保全機能の向上を図る森林管理技術の開発 (ii) 樹木根系を活用した斜面安定解析ソフトの高度化

2.森林の公益的機能の定量化による機能向上技術の開発(2)国土保全機能の向上を図る森林管理技術の開発 (ii) 樹木根系を活用した斜面安定解析ソフトの高度化

県名北海道
研究機関名北海道立林業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H16〜18
年度2005
概要従来の斜面安定解析法による施設設計では,施設の配置密度が高いため,工事の障害となる樹木を伐採するとほとんどの樹木の消失を招いていた。樹木根系の崩壊防止効果については,H12〜15「崩壊防止機能を高める森林施業技術の開発」,H13〜15「樹木の根系による山腹崩壊防止効果に関するソフト開発」により定量化することができた。この樹木根系の効果を斜面安定解析に組み込み,さらに実用化につなげるためには,根系分布の非破壊的な予測法の開発,及び根系の崩壊抑止力のより正確な評価が必要である。そこで土壌物理性からの根系分布の予測法の開発,及び原位置せん断試験による根系の崩壊抑止力のより正確な評価を行うことにより,樹木根系を活用した斜面安定解析法を開発する。
研究分担防災林科他
予算区分受託(民間)
部門森林機能・防災
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030115974
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat