10.森林資源の質の向上と充実を図る技術の開発(1)天然林の育成技術の開発 (ii) 中高木性広葉樹種の育成技術の開発

10.森林資源の質の向上と充実を図る技術の開発(1)天然林の育成技術の開発 (ii) 中高木性広葉樹種の育成技術の開発

県名北海道
研究機関名北海道立林業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H14〜18
年度2005
概要中高木性広葉樹種の資源量は少ないが,材の利用価値が高いものが多く,長期にわたり天然林に依存して収穫されてきた。なかでも北海道のアオダモは,良質のバット材として利用されているが,資源量が減少しつつある。一方,天然更新の特性に関する生態学的知見の蓄積が少なく,人工林の造成に関する技術も確立されていない。そのため,アオダモの資源保続のための技術開発が急務となっている。そこで,実生および萌芽による更新特性を解明し,天然林におけるアオダモの育成技術を開発するとともに,種子の発芽特性や苗木の生育特性を明らかにし,人工林造成技術の基礎となる苗木養成技術を確立する。さらに,人工林造成に関して,植栽技術の検討を行う。
研究分担育林科
予算区分道単
部門植物生態
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030115990
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat