リモートセンシング及びGISを活用した資源・環境評価と産業応用に関する研究

リモートセンシング及びGISを活用した資源・環境評価と産業応用に関する研究

県名北海道
研究機関名北海道立稚内水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H14〜17
年度2005
概要海藻類の現存量把握には現地での潜水調査等、多大な労力が必要となっているが、近年普及してきた衛星画像を利用し、簡便かつ迅速・的確に広い海域の海藻現存量を把握する解析技術を開発し、これら調査の省力化と迅速化をはかる。
研究分担資源増殖部
予算区分道単
専門水産増養殖
部門海洋
業績(1)沿岸域の藻場における基礎生産の定量評価の試み
(2)北海道の沿岸藻場の現状と今後
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030116151
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat