収益性向上を目指した特産すいか栽培技術の開発

収益性向上を目指した特産すいか栽培技術の開発

県名北海道
研究機関名北海道原子力環境センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H16〜18
年度2005
研究対象すいか
概要近年、大玉すいかについては需要の低迷、規格品率の低下および短期集中出荷等に起因する価格低迷により、栽培農家の収益性は大幅に悪化している。これらの諸要因を精査し、労働力に応じた作型構成の提案等経営面からの改善方策を検討するとともに、中・小玉すいかの導入方策を検討することを目的とする。産地におけるすいか栽培農家の経営実態、栽培管理状況、圃場管理状況を調査することにより経営解析を行う。また、中・小玉すいかの市場性を評価し、中・小玉すいか導入のためのの安定多収・高収益栽培法を検討し、すいか生産農家の収益性改善を図る。
研究分担北海道立中央農業試験場生産システム部経営科
予算区分道単
専門栽培生理
部門野菜
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030116243
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat