1 水稲湛水直播栽培の収量向上と省力・低コスト技術の開発(1) 省力・低コスト技術の開発と組立実証  (iii) 開発技術の経営評価と直播栽培を導入した大規模稲作の営 農モデル策定 ウ 直播栽培導入による大規模稲作経営モデルの策定

1 水稲湛水直播栽培の収量向上と省力・低コスト技術の開発(1) 省力・低コスト技術の開発と組立実証  (iii) 開発技術の経営評価と直播栽培を導入した大規模稲作の営 農モデル策定 ウ 直播栽培導入による大規模稲作経営モデルの策定

県名青森県
研究機関名青森県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H17〜19
年度2005
研究対象水稲
概要 個別大規模経営モデル、集落営農モデルについて収益最大化経営モデル分析を行った。その結果、直播栽培では収穫量減少に起因する収益性の問題が残るものの、大区画・大規模経営による省力化と固定費・労働費に係る低コスト化の効果が一層発揮されることで、個別、集落いずれのモデルにおいても、労働力が不足するケースでの直播栽培の収益性が高いことが分かった。
研究分担企画経営室
予算区分県単
専門経営
部門水稲
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030116254
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat