20 高冷地野菜の品質向上と安定生産技術(1)夏どりほうれんそうの安定生産技術の確立 (i)適品種の選定試験

20 高冷地野菜の品質向上と安定生産技術(1)夏どりほうれんそうの安定生産技術の確立 (i)適品種の選定試験

県名青森県
研究機関名青森県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H17〜18
年度2005
研究対象ホウレンソウ
概要目的:高冷地の気象条件を生かし、価格が比較的高く安定している夏どりほうれんそうの安定生産技術を確立する。 計画:高冷地(標高405m)における夏期高温下での出芽不良や生育不良、抽だい等を防止する遮光資材の効かについて検討する。 成果:7月播種の8月どりで抽だいしない、生育も良好なアクティオンとブライトンの2品種を選定した。
研究分担水田利用部
予算区分県単
専門栽培生理
部門野菜
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030116321
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat