27 水稲・大豆・小麦の収量・品質低下病害虫の多発要因の解明と防除技術の確立(2)大豆・小麦の収量・品質低下要因の解明と防止技術 (ii) 大豆のマメシンクイガの発生消長と効率的防除 イ 防除適期と効率的防除法の開発

27 水稲・大豆・小麦の収量・品質低下病害虫の多発要因の解明と防除技術の確立(2)大豆・小麦の収量・品質低下要因の解明と防止技術 (ii) 大豆のマメシンクイガの発生消長と効率的防除 イ 防除適期と効率的防除法の開発

県名青森県
研究機関名青森県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H17〜19
年度2005
研究対象大豆
概要(i) 合成ピレスロイド剤の散布時期と残効性 成虫初発期の散布ではトレボン乳剤・MCとも、産卵開始期散布ではトレボン乳剤の防除効果が、いずれも不十分であった。より残効の期待できる剤型である、トレボンMCでは、産卵開始期、ふ化開始期のいずれかの散布とも、防除効果が高かった。産卵開始期とふ化開始期の2回散布では、トレボン乳剤の防除効果も高かったが、ふ化開始期1回防除の試験は実施しなかったので、その効果は不明である。(ii) 合成ピレスロイド剤の効果比較 パーマチオン水和剤またはアディオン乳剤の、成虫初発期及び産卵開始の、いずれか1回、あるいは両時期の2回散布は、トレボンMC・乳剤の成虫初発期1回散布より防除効果が高かった。アディオン乳剤のふ化開始期1回防除の試験は実施しなかったので、その効果は不明である。
研究分担病害虫防除室
予算区分県単
専門虫害
部門大豆
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030116343
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat