31 生物農薬を用いたリンゴ根頭がんしゅ病の効果的防除の開発 (1) 土壌接種法

31 生物農薬を用いたリンゴ根頭がんしゅ病の効果的防除の開発 (1) 土壌接種法

県名青森県
研究機関名青森県農林総合研究センターりんご試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H14〜18
年度2005
研究対象りんご
概要 目的:がんしゅを効率的に形成させる汚染土壌を用いた接種法を検討し、各種資材の防除効果を明らかにするための基礎資料とする。 結果:細菌懸濁液を土壌注入した接種においては有傷で濃度が108cells/ml程度は効率よくがんしゅを形成できると考えられる。
研究分担病虫肥料部
予算区分受託(独立行政法人)
専門病害
部門果樹
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030116712
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat