34 重要病害虫の防除対応技術の開発 (6) 減農薬による病害虫防除 (i) 現地調査

34 重要病害虫の防除対応技術の開発 (6) 減農薬による病害虫防除 (i) 現地調査

県名青森県
研究機関名青森県農林総合研究センターりんご試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H15〜17
年度2005
研究対象りんご
概要 目的:化学合成農薬の使用を慣行の5割以下に削減した栽培方法でリンゴを生産している園地で病害虫の発生状況を調査し、どのような病害虫が発生するかを明らかにする。 結果:化学合成農薬を5割削減した栽培を行う場合、黒星病、すす斑病、ハマキムシ類、キンモンホソガ、食葉性鱗翅類害虫が増加することがあるが、実害を生じる病害虫の発生は、多くの場合認められなかった。
研究分担病虫肥料部
予算区分県単
専門病害、虫害
部門果樹
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030116734
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat