37 安全・安心な果樹複合経営を目指した病害虫防除体系 (1) オウトウ、ウメ、アンズの共通防除体系 (iv) 共通重要害虫の防除体系:交信かく乱剤設置圃場のコスカシバの発生消長

37 安全・安心な果樹複合経営を目指した病害虫防除体系 (1) オウトウ、ウメ、アンズの共通防除体系 (iv) 共通重要害虫の防除体系:交信かく乱剤設置圃場のコスカシバの発生消長

県名青森県
研究機関名青森県農林総合研究センターりんご試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H16〜20
年度2005
研究対象おうとう、うめ、あんず
概要 目的:枝幹を加害するコスカシバを対象に交信撹乱剤のスカシバコンを主体とする同時防除体系を設定し、スカシバコン設置園における交信撹乱効果と南郷村におけるコスカシバの誘引消長を調査し、体系作成のための基礎資料とする。 結果:休眠期防除をせず、スカシバコンのみの設置で誘引は見られなかったことと、コスカシバ防除を行わなかった無設置園でコスカシバの誘引が見られたことから交信撹乱の効果はあったと考えられた。
研究分担県南果樹研究センター
予算区分県単
専門虫害
部門果樹
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030116752
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat