37 安全・安心な果樹複合経営を目指した病害虫防除体系 (2) モモ・ネクタリン・スモモの共通防除体系 (ii) 共通重要病害の防除体系:共通体系におけるスモモの病害発生状況

37 安全・安心な果樹複合経営を目指した病害虫防除体系 (2) モモ・ネクタリン・スモモの共通防除体系 (ii) 共通重要病害の防除体系:共通体系におけるスモモの病害発生状況

県名青森県
研究機関名青森県農林総合研究センターりんご試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H16〜20
年度2005
研究対象すもも
概要 目的:モモの生育を基準に、落花30日後から収穫前におけるネクタリンやススモ等を含めた灰星病や黒星病等の重要病害の同時防除体系を設定し、実用性を検討する。ここでは、スモモ・プルーンの各種病害の防除効果を調査する。 結果:共通防除体系は、スモモ・プルーンの灰星病に対して高い防除効果を示した。プルーンの炭そ病に対しては効果が十分でないが、現在登録のある薬剤はストロビードライフロアブルだけであるので、被害果のつみ取り等の耕種的防除が必要である。
研究分担県南果樹研究センター
予算区分県単
専門病害
部門果樹
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030116756
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat