いもち病真性抵抗性遺伝子に関連したDNAマーカーの探索とその実用化

いもち病真性抵抗性遺伝子に関連したDNAマーカーの探索とその実用化

県名岩手県
研究機関名岩手県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H16〜18
年度2005
研究対象水稲
概要○目的:検定に労力のかかる農業上重要な形質(耐病性等)と関連したDNAマーカーを検出することで、早期世代のうちに目的形質をもつ個体を選抜することが可能となり、育種年限の短縮及び育種の効率化につながる。近年、イネの塩基配列の解読等イネゲノムについての研究が急速に進んでおり、これらの豊富な情報を利用することで、マーカー探索が効率的に行えるような状況が整ってきている。平成14年度までに、イネいもち病真性抵抗性遺伝子Pik、Piiについての判別マーカーを作出しており、さらにマーカー利用の実用化に向けて、Pia遺伝子に関連したマーカーの探索を行う。○到達目標:Pia遺伝子に関連するDNAマーカーの作出イPik判別マーカー(H11年度研究成果)の改良ウいもち病真性抵抗性遺伝子(Pik、Pii、Pia)判別マーカーセットの作出○期待効果:水稲のイネいもち病真性抵抗性遺伝子(Pik、Pii、Pia)を、早期に実験室内で推定できる。
研究分担応用生物工学
予算区分県単
専門育種
部門水稲
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030116988
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat