有望新系統の栽培特性と産米の高品質安定栽培技術の確立

有望新系統の栽培特性と産米の高品質安定栽培技術の確立

県名岩手県
研究機関名岩手県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H14〜18
年度2005
研究対象水稲
概要○目的:奨励品種決定調査において、極めて有望と判断される系統について、栽培特性を早期に把握し、奨励品種編入時の資とするとともに、新品種の早期普及拡大・高品質安定生産のための栽培法を確立する。○到達目標:奨励品種候補となる有望品種・系統の栽培特性を明らかにする。良食米の生産のための栽培法を確立する。○期待効果:新品種の期待生育量、栽培法、及び栄養診断基準を早期に確立することにより、高品質・良食味米の安定生産が可能となる。これにより以下の効果が期待できる。農家が安心して新品種栽培に取り組める。県産米の評価向上。
研究分担水田作
予算区分県単
専門栽培生理
部門水稲
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030117040
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat