県北地域におけるりんどうの安定生産技術の確立

県北地域におけるりんどうの安定生産技術の確立

県名岩手県
研究機関名岩手県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H17〜21
年度2005
研究対象りんどう
概要○目的:岩手県では平成15年度に「マシリィ」より早い7月上中旬開花で栽培特性の優れた「極々早生」の有望系統を育成したが、今後育成される可能性のある有望系統と合わせ、県北地域における生育や開花期など現地適応性については未解明であるため、逐次、県北 地域における現地適応性を明らかにしていく必要がある。一方、県北地域におけるりんどう栽培は、7月第5半旬から8月第1半旬に出荷ピークを迎える極早生品種「マシリィ」を中心とした露地栽培が一般的である。しかし、今後県北地域におけるりんどう産地の一層の発展のためには、8月盆や彼岸出荷に加え、実需者から要望の高い7月東京新盆からの出荷に取り組む必要があり、「マシリィ」よ り開花の早い極早生品種の導入等による7月東京新盆出荷を可能とする安定生産技術の 開発が不可欠である。また、「極々早生」育成系統の導入によっても、県北地域の露地栽培では7月東京新 盆の出荷は難しいことが予想され、早出し栽培技術の開発が期待される。そこで、県北地域におけるりんどうの安定生産技術の開発のため、県北地域における県育成の有望系統の現地適応性を解明するとともに、県北地域においても7月東京新盆の安定出荷を可能とする早出し栽培技術を開発する。○到達目標:県北地域におけるりんどうの有望育成系統の現地適応性の解明 。県北地域におけるりんどうの極々早生系統利用による7月東京新盆出荷のための早出し栽培技術の開発○期待効果:県北地域におけるりんどうの有望育成系統の現地適応性が明らかになり、効率的な新品種の開発や高品質生産技術の開発が促進される。りんどうの県オリジナル新品種の県北地域における適正な普及拡大が図られる。県北地域における7月東京新盆出荷及び安定的な早出し栽培技術が確立され、りんどう生産農家の所得向上が図られる。
研究分担産地育成
予算区分県単
専門花き
部門栽培生理
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030117278
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat