サクラマス資源の保全技術の開発

サクラマス資源の保全技術の開発

県名岩手県
研究機関名岩手県水産技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H11〜22
年度2005
研究対象サクラマス
概要目的:サクラマス資源の増大計画:標識放流した稚魚の回帰資源調査を行うとともに、人工飼育幼魚生産を行い放流後の河川及び沿岸域分布調査を通じ天然魚を含めた降海幼魚の実態把握を行う。夏期の0+稚魚放流を行い放流効果を把握する。期待される成果:シロサケに次ぐ、第2のサケ・マス資源の造成、春漁の端境期における新たな資源の造成得られた成果:(i)スモルト化率向上技術の開発、(ii)遡上時期別系群の回帰率の把握、(iii)放流時期別の回帰率の把握
研究分担漁業資源部
予算区分県単
専門水産増養殖
部門海洋
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030117395
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat