魚類防疫及び魚病診断、治療に関する研究

魚類防疫及び魚病診断、治療に関する研究

県名岩手県
研究機関名岩手県内水面水産技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H15〜19
年度2005
概要目的:魚病被害の軽減及び食品として安全な養殖魚の生産。 期待される効果:魚病被害軽減による内水面漁業の生産性向上と食品として安全な養殖魚の消費者への提供。 得られた成果:魚病の検査件数は123件、うち発生が確認された魚病は、KHVが2件、その他の魚病が51件であった。発生件数が最も多かったのは冷水病であった。魚種別ではアユが最も多く、次にサケ稚魚、ニジマスの順であった。
予算区分国庫補助(水)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030117419
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat