農産物含有物質簡易分析システム等実用化事業

農産物含有物質簡易分析システム等実用化事業

県名宮城県
研究機関名宮城県農業・園芸総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間完H17
年度2005
研究対象
概要玄米を用いた生産現場に適用できるイムノアッセイ(ELISA)による残留農薬分析法を開発する。玄米について分析妨害要因を明らかにし,前処理方法を確立する。また,現場での操作性を考慮した分析の簡便化を検討する。 先端技術を活用した農林水産研究高度化事業の課題で当研究所が担当し,実施している『農業生産現場におけるELISA用試薬キット使用のための技術開発(穀類)』の玄米での分析手法を別キットにおいて検証を継続し,分析方法を確立するものである。現場が要求する農薬を対象としたELISAキットは,野菜類を中心に検討されているが, 玄米については試験例が少なく,当研究所において,現場適用ができるELISAキットの 効率的な使用方法を穀類について確立する。イソプロチオラン・キットを玄米に適用するため,前処理は抽出条件(静置法)の効果の確認中心に検討した。平成17年産玄米では,メタノール抽出後水で希釈すると抽出液が白濁した。そのため,静置法及び限外ろ過法を検討した。その結果,限外ろ過法の方が,特に低濃度側での白濁の影響が回避できた。そのため,添加回収試験において,限外ろ過法を用いた方が,安定的に測定できると考えられた。残された課題は機器分析との差。玄米の年次間差(希釈時の白濁の仕方)→限外ろ過法による前処理方法の確立
研究分担園芸環境部
予算区分受託(民間)
専門環境
部門共通
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030117431
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat