みやぎ方式水田ほ場整備技術の組み立て実証(平17〜19・県単)

みやぎ方式水田ほ場整備技術の組み立て実証(平17〜19・県単)

県名宮城県
研究機関名宮城県古川農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H17〜19
年度2005
研究対象共通
概要水田基盤,水田輪作の研究から得られた成果を現地ほ場において組み立て実証し、ほ場整備事業等への円滑な導入を図るものである。無代掻きにより、稲作時の排水性や地耐力発現およびその後の畑作切り替え時の砕土率が改善された。畑作切り替え1年目の暗渠内水位とほ場外への硝酸態窒素排出量との関係は明確でなかった。暗渠管内に堆積した泥の排除は、流水に粒材を混入して流すと効果的だった。耕起深の違いによる代掻き後の作業性について検討する。
研究分担土壌肥料部
予算区分県単
専門農業土木
部門共通
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030117505
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat