ダイズ紫斑病の採種圃場から一般圃場までを考慮した農薬低減型防除技術の開発

ダイズ紫斑病の採種圃場から一般圃場までを考慮した農薬低減型防除技術の開発

県名宮城県
研究機関名宮城県古川農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H15〜17
年度2005
研究対象大豆
概要 採種圃で本病防除薬剤として新規に開発された薬剤を用いて健全種子を生産し,一般圃場での健全種子の使用と適正な薬剤ローテーションによって耐性菌の顕在化を阻止するとともにチオファネートメチル剤の効果安定を図ることで,減農薬の採種圃から一般圃場を考慮した薬剤防除体系を確立する。前年水稲作ほ場では,紫斑病の伝染源として種子が重要であり,前年の防除効果が発生に大きく影響することが示唆された。種子生産段階では発生したら取り除くのではなく,効果の高い薬剤による防除を徹底し,紫斑病の罹病率を低下させることが,一般ほ場における種子伝染の影響を低下させると考えられた。
研究分担作物保護部
予算区分受託(独立行政法人)
専門病害
部門大豆
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030117516
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat