機械化による森林施業トータルコスト低減技術の開発

機械化による森林施業トータルコスト低減技術の開発

県名宮城県
研究機関名宮城県林業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H14〜18
年度2005
概要 地域条件に適応した機械化システムの確立とともに,育林から伐採に至るトータルコストの低減技術の開発を図る。また,GISを活用した路網や機械化システムの適正予測法の調査を行う。
研究分担研究開発部
予算区分国庫補助(林野庁)
専門経営・管理
部門林業
業績(1)機械化による森林施業トータルコスト低減技術の開発
(2)森林施業条件等の解析調査
(3)スイングヤーダーを使用した列状間伐の労働生産性
(4)育林用林業機械を用いた作業システムについて
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030117546
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat