ヒトデの有効活用に関する研究

ヒトデの有効活用に関する研究

県名宮城県
研究機関名宮城県水産加工研究所
課題種別試験研究課題
研究期間新H18〜20
年度2005
概要 本研究では、単に水産系産業廃棄物としてヒトデを処分するのではなく、ヒトデを資源として有効に利用できる本県独自の技術を確立するものある。最終的には、本事業で開発した技術を中核に行政・漁業者団体と協同し、陸揚げされたヒトデを肥料化するまでの体制を構築する。1)原料ヒトデの一般成分・サポニン分析2)ヒトデ添加堆肥中のサポニン含有量を分析3)1次処理、搬入、たい肥化処理、利用まで一連のシステムを検討
予算区分県単
専門水産利用加工
部門海洋
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030117610
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat