水田作の担い手不足地域における持続的集落営農組織育成手法の解明

水田作の担い手不足地域における持続的集落営農組織育成手法の解明

県名秋田県
研究機関名秋田県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H17〜18
年度2005
研究対象水稲
概要目的:既存の集落営農組織の実態解析行い、持続的に発展できる営農方式・組織運営管理方式を解明し、集落営農組織の経営モデルを提案する。実施概要:主たる従事者の所得確保につなげることができる集落営農組織として、(i)土地利用型作目は組織で行い、集約作目を個別部門で実施する「個別経営併用方式」、(ii)農地利用調整組織と担い手組織からなる「重層的組織方式」、(iii)冬期野菜を組み合わせて労働力の有効利用と所得確保を目指す「1農場完結方式」が経営モデルとして考えられる。
研究分担経営計画部
予算区分県単
専門経営
部門水稲
業績(1)水田作の担い手としての集落営農組織育成の現状と課題
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030117641
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat