地域活性化のための小麦新品種の高品質生産技術の確立

地域活性化のための小麦新品種の高品質生産技術の確立

県名秋田県
研究機関名秋田県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H12〜17
年度2005
研究対象小麦
概要目的:パン用小麦「ハルイブキ」、めん用小麦「ネバリゴシ」の普及定着のため、実需者ニーズに応えた高品質安定生産技術を確立する。実施概要:(1)ハルイブキの登熟のムラを抑え、高蛋白化、外観品質向上を図ることのできる追肥法について明らかにした。(2)ハルイブキの登熟期の品質、水分の変動特性を明らかにし、穂水分及びフォーリングナンバーを用いた品質及び成熟期予測技術を確立した。
研究分担作物部
予算区分受託(独立行政法人)
専門栽培生理
部門
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030117649
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat