経腟採卵(OPU)を活用した胚生産

経腟採卵(OPU)を活用した胚生産

県名秋田県
研究機関名秋田県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H14〜18
年度2005
研究対象
概要 近年、優秀な県有供胚牛やスーパーカウからの胚が配布され、生産現場での家畜改良や所得向上に寄与している。しかし、過排卵処置(SOV)を反復した個体は年々成績が低下する傾向にあるうえ、一般に耐用年数が短いことが知られている。そこで、経腟採卵(OPU)と経済的・効率的に胚生産が可能な体外受精(IVF)技術を組み合わせて、現行より長期に渡り供胚牛を活用しながら家畜登録可能な牛胚を生産し生産現場に応用することにより、本県の家畜改良・増殖に資する。 ・食肉処理場から、採取した未成熟卵子を10%FCS加TCM199で20-24時間成熟培養し裸化後、マイクロドロップレット法で凍結保存しIVFしたところ、低率ではあるが、胚盤胞が発生した
研究分担家畜繁殖部種雄畜・受精卵移植担当
予算区分県単
専門繁殖
部門
業績(1)経膣採卵(OPU)を活用した胚生産(第3報)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030117755
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat