安全安心な県産野菜の減農薬栽培技術の確立 (1)安全安心葉菜類の栽培技術確立

安全安心な県産野菜の減農薬栽培技術の確立 (1)安全安心葉菜類の栽培技術確立

県名山形県
研究機関名山形県立園芸試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H15〜17
年度2005
研究対象ほうれんそう
概要目的、計画・土壌中の硝酸態窒素量とほうれんそうの硝酸濃度の関係を明らかにする。また、土壌中の硝酸態窒素濃度を低減させる土壌管理法を開発する。
期待される成果 ・ほうれんそうの硝酸塩濃度の低減による消費者が希望する安全性の高い生産技術の確立を目指す。 
得られた成果 ・窒素施肥量、土壌中硝酸態窒素と植物体中の硝酸含量には有意な関係は認められなかった。また、葉面散布資材によってやや硝酸含量が低くなる傾向があったものの硝酸含量低減効果は低かった。なお、粘土資材や有機質のよる軽減効果を検討したが判然とした結果は得られなかった。 残された問題点
・目標とする硝酸水準、品種による差異
研究分担園芸環境研究科
予算区分県単
専門土壌肥料
部門野菜
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030117879
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat