ニーズに合致した高品質生産技術開発試験 4 主要野菜の高品質・省力生産技術体系の確立 (1)簡易施設利用による主要野菜の高能率生産技術の確立 (viii) 野菜栄養成分安定化のための栽培管理技術の確立

ニーズに合致した高品質生産技術開発試験 4 主要野菜の高品質・省力生産技術体系の確立 (1)簡易施設利用による主要野菜の高能率生産技術の確立 (viii) 野菜栄養成分安定化のための栽培管理技術の確立

県名福島県
研究機関名福島県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H15〜17
年度2005
研究対象イチゴ
概要イチゴ「ふくはる香」「ふくあや香」において、施肥量及び培養土が果実品質に及ぼす影響について検討する。「ふくはる香」「ふくあや香」の促成栽培において、本試験で施用した施肥量内では果実品質に与える影響はないと考えられた。また、培養土については、ヤシ殻区の糖度が不安定だった他は同様の推移をしており、培養土が果実品質に与える影響は少ないと考えられた。
研究分担野菜部
戦略園芸
予算区分県単
専門栽培生理
部門野菜
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030117985
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat