ニーズに合致した高品質生産技術開発試験 5 野菜における養液栽培等高度安定生産技術の確立 (1)養液栽培の生産性向上・低コスト化技術の開発 (vi) 次亜塩素酸ナトリウムによる水耕培養液の殺菌方法の検討

ニーズに合致した高品質生産技術開発試験 5 野菜における養液栽培等高度安定生産技術の確立 (1)養液栽培の生産性向上・低コスト化技術の開発 (vi) 次亜塩素酸ナトリウムによる水耕培養液の殺菌方法の検討

県名福島県
研究機関名福島県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H16〜17
年度2005
研究対象チンゲンサイ
概要 チンゲンサイの水耕栽培では、黒腐れ病が多発し問題となっているため、野菜の洗浄に使用されている次亜塩素酸ナトリウムによる殺菌方法を検討する。チンゲンサイの黒腐病対策では、苗が汚染されていなければ、本圃の汚染された培養液中に次亜塩素酸ナトリウムを1日当たり75ml/培養液1tを添加すると新たな発病を防止できる。ただし、塩素添加量が多くなると、チンゲンサイの生育が劣る可能性がある。
研究分担いわき支場
戦略園芸
予算区分県単
専門栽培生理
部門野菜
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030117989
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat