環境負荷軽減技術の開発試験 1 環境保全型農業における環境負荷の軽減技術と評価法の確立 (4)施設キュウリにおける省力的な隔離ベット・灌水同時施肥栽培技術の確立(i) 施設キュウリにおける省力的な隔離ベット灌水同時施肥栽培技術の確立

環境負荷軽減技術の開発試験 1 環境保全型農業における環境負荷の軽減技術と評価法の確立 (4)施設キュウリにおける省力的な隔離ベット・灌水同時施肥栽培技術の確立(i) 施設キュウリにおける省力的な隔離ベット灌水同時施肥栽培技術の確立

県名福島県
研究機関名福島県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H16〜17
年度2005
研究対象キュウリ
概要 施設キュウリにおいて、一般農家の入手が容易で安価である資材を用いた省力的で低コストな隔離ベット栽培技術を開発する。プラスチックの波板を底と側面に用い、幅50cm、高さ25cmの隔離ベットで試験した結果、キュウリの収量は、液肥濃度に係わらず、土耕に比べ全般に劣ったことから、栽培システムの構成や培地等について再検討する必要があると考えられる。点滴灌水チューブによる灌水施肥を効果的に実施するため直下に不織布を設置する方法では培地の構成を見直すことにより土耕に近い収量性が得られることが示唆された。
研究分担野菜部
戦略園芸、環境
予算区分国庫
専門土壌肥料
部門野菜
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030118023
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat