環境負荷軽減技術の開発試験 7昆虫機能利用技術の開発(1)有用天敵昆虫の選抜と大量飼育法並びに害虫防除利用技術の開発 (ii) 捕食性カメムシ類による施設野菜の鱗翅目幼虫防除法の開発 

環境負荷軽減技術の開発試験 7昆虫機能利用技術の開発(1)有用天敵昆虫の選抜と大量飼育法並びに害虫防除利用技術の開発 (ii) 捕食性カメムシ類による施設野菜の鱗翅目幼虫防除法の開発 

県名福島県
研究機関名福島県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H12〜17
年度2005
研究対象クチブトカメムシ
概要捕食性カメムシ類の天敵としての利用法を確立するため、オオクチブトカメムシの鱗翅目幼虫に対する選択性を調査するとともに、ハスモンヨトウに対する捕食効果について検討する。オオクチブトカメムシは15℃の低温においても高い捕食率を示すことから、秋以降のイチゴハウス内での天敵としての利用可能性が示唆された。屋外の施設野菜(ナス、トマト)パイプハウス内でのハスモンヨトウへの捕食効果も認められた。
研究分担梁川支場
戦略園芸、環境
予算区分県単
専門飼養管理、虫害
部門その他家畜
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030118034
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat