5 日本型放牧を加味した土地有効活用技術の確立(3)放牧を取り入れた大規模供卵牛群の効率的採卵技術の確立 1)耕作放棄水田における検討

5 日本型放牧を加味した土地有効活用技術の確立(3)放牧を取り入れた大規模供卵牛群の効率的採卵技術の確立 1)耕作放棄水田における検討

県名福島県
研究機関名福島県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H16〜18
年度2005
概要中山間地の対策として、耕作放棄水田に適した牧草の播種の播種方法や、排水不良な場所での放牧地造成法を検討する。7区に分けて様々な播種方法を検討しているが、時間的には簡易草地更新機を用いた区や施肥播種後テッダを用いた区の作業時間が短かった。排水不良地ての春播種ではヨシの生育が早く牧草が抑制された。
研究分担草地飼料部
予算区分国庫補助
専門飼養管理
部門草地・飼料作
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030118169
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat