アワビ・ウニ漁場の餌料環境調査

アワビ・ウニ漁場の餌料環境調査

県名福島県
研究機関名福島県水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H7〜17
年度2005
概要1 目的:磯根資源の増大のため、磯焼け対策技術の確立を図る。 2 成果: ・磯焼け漁場において、磯焼けの原因となっているキタムラサキウニを除去し、その後の回復状況を観察した。 ・夏までは、ワカメ等1年生海藻の繁茂が多くみられ、アラメの幼芽も観察されたが、1年生海藻が抜け落ちてからは食害とみられる幼芽の枯死も観察された。 ・マリーナの浮き桟橋を活用してアラメの天然採苗試験を継続した。 3 平成18年度計画:継続実施 
研究分担栽培漁業部
戦略水産
予算区分国庫補助(農水省)
専門水産増養殖
部門海洋
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030118228
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat