土壌消毒を行わないコンニャク栽培技術の開発

土壌消毒を行わないコンニャク栽培技術の開発

県名茨城県
研究機関名茨城県農業総合センター山間地帯特産指導所
課題種別試験研究課題
研究期間完H15〜17
年度2005
研究対象コンニャク
概要山間地域のコンニャク栽培は連作のため土壌病害が多発するので、土壌消毒が不可欠になっている。しかし、土壌消毒は高価で、重労働で、健康問題等から土壌消毒を行わない防除技術が望まれている。その対策として、ふすまを用いた太陽熱土壌還元法では根腐病が軽減され、球茎収量が増加したが年次変動もみられた。また、前作にエダマメを作付けすると根腐病が減少した。今後、この課題については新規課題の中で継続検討する予定。
研究分担山間特産
予算区分県単
専門栽培生理
部門その他作物
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030118393
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat