II−1農業環境の保全観測と安全な農産物生産技術の確立(4)水田土壌の浄化能評価と環境容量マップの作成(i)水田における水質浄化能の評価

II−1農業環境の保全観測と安全な農産物生産技術の確立(4)水田土壌の浄化能評価と環境容量マップの作成(i)水田における水質浄化能の評価

県名栃木県
研究機関名栃木県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H11〜17
年度2005
研究対象共通
概要水田が持つ多面的機能のうち水質の浄化能力を具体的に明らかにし、農業者や一般県民の水田に対する理解を深め、水田農業の持続的発展を図る。さらに、農耕地が持つ環境保全機能を十分に発揮させるため、水分連鎖を考慮した耕地の配置計画に資する。
研究分担環境技術部・環境保全研究室
予算区分県単
専門環境
部門共通
業績(1)県内水田のもつ水質浄化の実態
(2)水田を通過する農業用水の水質変化の実態
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030118534
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat