「栃木しゃも」の高産卵性母系交雑種の開発

「栃木しゃも」の高産卵性母系交雑種の開発

県名栃木県
研究機関名栃木県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H15〜17
年度2005
研究対象肉用鶏
概要 現在普及している栃木しゃもの交配様式にあって、3元交雑の利用は大きな特徴の一つとなっている。栃木しゃもの改良に当たり父系のしゃも、及び雌系交雑種のロードアイランドレッドの系統の違いが、実用鶏である3元交雑種に与える影響について検討したところ、どちらも増体性については各系統の能力が反映されることが明らかとなった。また、母系交雑種に増体性を求めた場合、過大な体重の増加は産卵率の低下という弊害が懸念されることを併せて考えると、生産性の向上に係わる部分については主に父系のしゃもで対応し、母系の交雑種では産卵性の向上に改良目標を重点化していく方向性が考えられる。 そこで本試験では、母系交雑種のロードアイランドレッドについてより多くの系統について比較し、母系交雑種や3元交雑種における能力の違いを検討する。
研究分担畜産技術部中小家畜研究室
予算区分県単
専門育種
部門
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030118620
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat