作物・土壌に配慮した家畜ふん堆肥生産技術の確立試験

作物・土壌に配慮した家畜ふん堆肥生産技術の確立試験

県名栃木県
研究機関名栃木県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H15〜17
年度2005
研究対象共通
概要 家畜排せつ物法の施行により、今後はさらに製品堆肥が生産されることが予想され、肥料取締法の改正と相まって、堆肥の流通促進のためにその品質や成分を明示することはますます必要となる。また、家畜の飼養形態やふん尿処理形態の変化に伴い、家畜ふん堆肥も変化してきている実状もある。さらに、現在の社会状況下では、農産物やその加工品に対する消費者の不安を払拭し、安心・安全を積極的にPRする必要がある。 その様な中で、家畜ふん堆肥の問題点(マイナス要因)をあえて明らかにして、その本質や対策まで考察することにより、堆肥の安全性を明確にし、堆肥の流通促進、適正使用、さらには農産物全体の安全性のPRに資する。
研究分担畜産技術部畜産環境研究室
予算区分県単
専門環境
部門牛豚鶏
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030118627
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat