水田における飼料用麦類の安定栽培技術の開発

水田における飼料用麦類の安定栽培技術の開発

県名栃木県
研究機関名栃木県酪農試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H15〜17
年度2005
研究対象飼料作物
概要水田機能を活かしたままで飼料生産が可能な飼料イネの作付が増加しているが、飼料イネ収穫後に冬作物は作付けられていなく、水田の高度利用という点からみると不十分である。そこで水田での高度利用をはかるため飼料イネと飼料用麦類の1年2毛作体系を確立することを目的し、飼料用麦類の播種時期の検討、播種法の検討、1年2毛作体系に適する飼料イネの品種の検討を行った。供試した草種、品種において、飼料イネと飼料用麦類の作付け期間が重ならず、水田における飼料イネ・飼料用麦類の1年2毛作体系は可能であった。飼料用麦類では、エンダックス、飼料イネでは、直播ホシアオバの組み合わせが最も多収の組み合わせであった。
研究分担草地飼料
予算区分受託・県単
専門栽培生理
部門草地・飼料作
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030118647
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat