コンニャク系統適応性検定試験 (1)県西南平坦地域での適応性検定

コンニャク系統適応性検定試験 (1)県西南平坦地域での適応性検定

県名群馬県
研究機関名群馬県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継各年次
年度2005
研究対象コンニャク
概要(目的)収量性と品質等が優良と認められた有望系統について、現地における適応性を検定する。 (試験場所)富岡市野上(標高310m) (得られた成果)成熟期は群系73号は10月中下旬、74号は10月下旬〜11月上旬、75号は10月下旬であった。収量は群系73,75号か多かった。生芋からの精粉歩留は73,74号が高く、75号は低かった。
研究分担こんにゃく特産研究
予算区分指定
専門 育種
部門その他作物
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030118846
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat