肥育期間短縮のための飼養管理技術の確立

肥育期間短縮のための飼養管理技術の確立

県名群馬県
研究機関名群馬県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H14〜17
年度2005
研究対象肉用牛
概要 肥育期間の短縮を目的として8カ月齢から肥育を開始し、26、28及び30カ月齢で出荷した結果、26カ月齢出荷でも良好な肉質を得ることができた。 さらに、早期(8カ月齢)に肥育を開始した場合、飼料効率は第1胃内での蛋白質分解量を抑え、下部消化管からの消化吸収割合を高めることにより良好となる傾向が認められた。また、肉質および産肉性は肥育前期に第1胃内での蛋白質分解量を高め、後期には下部消化管からの消化吸収量を高めることにより良好となる傾向が見られた。
研究分担大家畜研究グループ
予算区分県単
専門飼養管理
部門
業績(1)黒毛和種は8カ月齢からの肥育で26カ月齢出荷が可能
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030118902
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat