農産物含有物簡易分析システム等実用化試験

農産物含有物簡易分析システム等実用化試験

県名埼玉県
研究機関名埼玉県農林総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H15〜17
年度2005
研究対象共通
概要 イミダクロプリド(ナス、キュウリ、ブドウ)、トリフルミゾール(ナス)、アセタミプリド(モモ)、エマメクチン(レタス)、クロルフェナピル(レタス)、クロロタロニル(レタス)についてイムノアッセイを実施するとともに、機器分析を行い、分析値を比較しイムノアッセイ法の実用性について検討した。その結果、イムノアッセイの測定値は機器分析値とほぼ一致しイムノアッセイ法の実用性が確認できた。
研究分担農産物安全性担当
戦略環境
予算区分受託
専門環境
部門共通
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030118981
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat