28.都市空間、特に屋上・壁面緑化に向けた軽量・薄層基盤植物の開発(1)薄層・軽量マット植物生産技術の開発(ii)薄層・軽量マット植物の生産技術の開発

28.都市空間、特に屋上・壁面緑化に向けた軽量・薄層基盤植物の開発(1)薄層・軽量マット植物生産技術の開発(ii)薄層・軽量マット植物の生産技術の開発

県名千葉県
研究機関名千葉県農業総合研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H15〜17
年度2005
研究対象地被植物
概要薄層化するほど苗の定植や灌水技術が困難になることから、効果的な繁殖方法を検討した。その結果、親株の周囲に空のトレイを配置し、そこに伸びた茎の接地部からの発根を待ち、その後に分離する方法を確立した。この時、重しとして鉢物運搬用のプラスチック製トレイを載せると接地部分からの発根が促進された。
研究分担花緑
戦略園芸・環境
予算区分国委託・高度化再委託
専門栽培生理
部門花き
業績(1)超薄層基盤植物の生産技術
(2)薄層基盤植物「マット植物」の品質検定とマット化可能植物の検索及び利用特性
(3)屋上・建物緑化事典(共著)
(4)立体緑化による環境共生(共著)
(5)マット植物を利用した癒しの屋上空間創出
(6)マット植物、いよいよ本格的な普及段階へ
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030119210
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat